仕事と育児の両立へ在宅就業/市が支援小山市2011年6月2日

小山市ですが育児や仕事の両立が困難な母子家庭の親を対象にして在宅就業支援事業をスタートさせたようです。

約10カ月の間にパソコンの技能を学び修了すれば家で出来る仕事を紹介してもらえる。

こんな事業を県が実施してましたが市町村では初めての取り組みになってます。

内容ですがパソコンの基本的な操作から専門ソフトまで習得しながら学びます。訓練しながらも1時間900円の手当が支給されて修了後には技能に応じて仕事を仲介するようで羨ましい話しですね。

パソコンの基本操作から専門的なソフトの習得までを学ぶ。訓練中は一時間九百円の手当が支給され、修了後の来年四月以降は、同社が各自の技能の習得度合いに応じて仕事を仲介する。

皆さんがしっかり学んで手に職を付けると意気込む事で支援課は「最後まで受講してもらい、十分な技能を身に付けてもらうことが大事。生活の安定につなげてほしい」と期待を高めてます。