赤ペン先生の仕事に就くまで

赤ペン先生の仕事に就くまで

赤ペン先生といえば、あのCMもしていた会社の通信教育で答案を添削してくれる先生です。
私も以前は学生時代にお世話になったこともありますし、学校のレポートに答えるのをやったことがあります。
仕事として赤ペン先生になるにはどうしたらいいのかというと、書類選考、筆記、面接、研修という流れではれて、赤ペン先生になれるようです。
講座は高校や小学校、中学校などあって、高校を例にとれば、先生にも級があって、それによって1答案の添削あたりの単価が違ってくるようです。
報酬は500円程度のものから1000円くらいのものなどあって、夏休みや冬休みなどの学生が休みの時期には答案が増えて依頼も多くなることがあるようです。
自宅でできるということで人気は高く応募の倍率は高いようです。
私の記憶では、添削時の解説の仕方や書き方のようなものがきちんと出来ている人の方が求められているらしく、そこが赤ペン先生の級というところに影響しているのかもしれません。