ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 暴落 1月26日の理由は?

仮想通貨 暴落 1月26日の理由は?

最近注目を集めている投資の一つに仮想通貨があります。名前だけは耳にしたことがあるけれど、実施どのようなものなのか知らない人も多いのではないでしょうか。仮想通貨はデジタル通過の一種で、開発者により発行が行われると同時に管理も行われます。特定のコミュニティメンバーの中で使用されて、受け入れられているものです。リップルコインやビットコインなどが仮想通貨の代表例で、ビットコインは世界中どこでも支払いや送金など低コストでスピーディーに取引が可能になる、大きな値動きを利用した資産運用も出来るなどと言われています。


仮想通貨の一つでもあるビットコインは1月26日に大暴落しています。大暴落した原因は、ビットコインの送金手数料が高額になったことだとアメリカのアナリストが分析しているのです。ビットコインを送金したことがある人であれば分かるかと思われますが、送金手数料は異常なほど高騰しており、スムーズに送金しようとすると2000円ほどの手数料が必要になって来るのです。ちなみに、送金は自分自身で送金手数料を設定することが出来ます。送金は手数料が高額な取引に優先順位が付けられる、一種のオークションスタイルともいえる取引スタイルが特徴です。当然ながら、取引手数料が少額などの場合は、送金だけで数時間も要してしまう、場合によっては取引が行われないなど事態を招いています。これらはビットコインが急騰したことで起きている事象なのです。



キーワード