ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨の税金と利確は?

仮想通貨の税金と利確は?

資産運用として仮想通貨を利用している時に、気を付けたいのは税金と利確の関係です。仮想と名前がついていても取引によって利益が出れば確定申告をして納税をしなければいけなく、この時に知っておきたいのが利確になります。利確とは利益確定の略で、こちらのタイミングによって税金が大きく左右されるので、投資をしている方は必ず確認しておきたい事柄です。


仮想通貨の儲けは雑所得として確定申告をするになり、各自で調整することができません。ただ仮想通貨は一年を通して変動するので利益を確定させるのが難しく、基本はトレードによって出た利益、モノや仮想通貨に交換した場合です。交換した時は買値よりも上がった額が利益とみなされて、プラス分で購入しても利益であり税金の対象になります。ほんの少しでも値上がりして現金化、またはその他に利用すれば税金が発生すると考えることが必要です。


ここで知っておきたいのは確定申告は前年の利益について申告するものですから、12月31日を超えてポジションをどのように持つかを考えることで、不要な課税対象を減らせます。具体的には12月31日までに20万円を超えない範囲内で利益を確定させますが、仮想通貨の動きはとても激しく先を見通すのは難しいです。長期保管には向かず、値下がりのリスクも大きくなってしまいます。税心を渋って利益を持ち越して損をしてしまえばその方が勿体なく、利確を見極めるのも仮想通貨で投資するためには大切なポイントです。



キーワード