ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 税金の損益通算のメリットとは?

仮想通貨 税金の損益通算のメリットとは?

仮想通貨の取引で税金の損益通算をすると節税をすることも出来るようになる事がメリットといってもいいでしょう。仮想通貨の取引で利益が出れば当然税金を払う必要があるのですが、他の取引で損が出ている時にはそれと合算をして税金を計算をすることが出来るようになります。合算の結果がマイナスになっているのであれば税金を払う必要は無くなるわけですから、これが如何に大きなメリットとなるのかという事は分かるはず。逆に仮想通貨の取引がマイナスで、他の取引がプラスであった時も同様で、常に損益を通算で考える事で節税の効果を期待することが出来るというわけです。


これは考えてみれば当たり前の事ではあります。別に仮想通貨であれ、どんな金融商品であれ利益が出れば此処に税金がかかるというのであれば、損をしている場合が全く考慮されないという事になり不自然極まりない。仮想通貨を含めて全ての金融商品にはリスクがあって利益が出る事もあれば損をすることもあるのが当然の事ですから、そうした損を計算に入れないというのは考えられません。


税金というのは、獲得した利益に対してかけられるものですから、獲得するどころか損をしているにも関わらずに税金がかかるというのは意味が分かりません。ですから節税というよりはこれは当然の事というように言っても良いでしょう。税金のシステムがあまりにもなんでもかんでも税金を取るという傾向がある事の方が変と言えなくもありません。



キーワード