ホーム > @仮想通貨 > 仮想通貨 税金で破産

仮想通貨 税金で破産

仮想通貨の取引をする際に必ず覚えておきたいこととしては、税金の扱いがあります。
この部分をおろそかにしてしまうと税金によって破産をしてしまうことになり、税金は免責にならないため一生かかっても支払うことができない負債を抱えてしまう可能性があるということです。


仮想通貨で利益が出た場合には当然確定申告をして税金を支払わなければなりませんが、この利益というのが一番やっかいなポイントだったりします。
仮想通貨で利益を上げて円に換えれば、これは実にわかりやすい形ですから特別悩むことはありません。問題は利益の出た仮想通貨で別の仮想通貨を購入した場合があり、これだと円自体の利益は出ていませんが乗り換えた時点で含み益があれば利食いをしたとみなされて確定申告をしなければならなくなってしまいます。


そのことを知らずに取引を続けていると、後になってから脱税ということで税務署から指摘をされてしまうということになるのです。その際に税金を支払うことができるだけのお金が残っていればよいのですが、大きく損をして税金を支払うことができない状態になっていると破産をしてしまうということになります。このように取引をしている人間としては利食いをしたつもりがなく、利益を手にしていないと思っていてもルールとしては利益が出た扱いになるというケースがあるので、これだけは十分に注意しなければなりません。税金の借金は何より重いものなので、税金で破産してしまわないように気をつけましょう。



キーワード