ホーム > privacy

privacy

1

サイトの利用規約・免責事項

【在宅ワーク〔在宅でできる在宅仕事を紹介〕】

本規約

【在宅ワーク〔在宅でできる在宅仕事を紹介〕】(以下「当サイト」といいます)が運営する【在宅ワーク〔在宅でできる在宅仕事を紹介〕】(以下「本ウェブサイト」といいます)の利用に関して適用されるものとします。

第1条 (本サイトの利用)利用者は本規約を承認の上、所定の方法に基づいて本ウェブサイトで情報をご覧いただけます。登録料・会費等は一切必要ございません。

第2条 (サイトの閲覧)利用者はアフィリエイトリンク先に登録時に設定した氏名・住所・メールアドレス・電話番号等に変更が生じた場合には、所定の変更方法を用いて登録サイトに直接連絡するものとします。

第3条 (顧客情報の管理、保護)当社は法律に基づき政府もしくは公的機関より情報開示等が要求された場合を除き、利用者の個人情報を第三者に開示しないものとします。

第4条 (情報の閲覧)利用者は本ウェブサイト上に掲載されている情報や記事は無料で見れるものとします。

第5条 (支払方法)利用者が本ウェブサイト外でのアフィリエイトリンクで商品を購入される商品の代金及び送料はアフィリエイトリンク先の会社へ直接銀行振り込みまたはクレジットカードにてお支払いいただくものとします。

第6条 (商品の配送) 1. 商品の配送は、アフィリエイト提携会社・各社指定で行われます。 3. 当サイトは、アフィリエイトサイトのため、商品のお届け、商品の開梱、設置、配布、代金回収等は行わないものとします。

第7条 (交換、返品)注文と異なる商品がお届けされた場合、また商品が破損していた場合、当サイトは商品の交換、返品は承っておりません。 但し、商品到着後5日以内に当社にご連絡された場合に限らせていただきます。この場合、返送に掛かる送料は当社が負担するものとします。返品の場合は、当社規定の方法でお支払いいただいた代金を利用者に返金するものとします。 商品毎の返品条件に関しては以下となります。

第8条 (免責)本ウェブサイトの利用によって利用者がいかなる損害を受けた場合にも当サイトは一切、損害賠償等の責任を負わないものとします。

<免責事項> お客様の情報ご注文、お支払いなどはアフィリエイト先のお店・企業とお取引き頂く事になります。 価格、消費税、送料、在庫の有無、販売者 お支払い方法、注文、商品配送、商品購入の詳細などについては、移動した先のお店・企業の情報を ご覧下さいませ。 その他問い合わせは お受けしますが、アフィリエイトプログラム経由になりますので返信が遅れる可能性がございます。 (商品に関するお問い合わせや在庫の有無などお店・企業のページから直接お問い合わせ頂いた方が確実な返答を得られますので何卒ご了承くださいませ。

個人情報の保護について

個人情報取扱規程

第1章 総則

(目的) 第1条 本規程は、当社における個人情報の適法かつ適正な取扱いの確保に関する基本的事項を定めることにより、個人の権利・利益を保護することを目的とする。

(定義) 第2条 本規程において、各用語の定義は次の通りとする。 (1)個人情報 生存する「個人に関する情報」であって、特定の個人を識別することができるもの、又は他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものをいう。 「個人に関する情報」は、氏名、性別、生年月日等個人を識別する情報に限られず、個人の身体、財産、職種、肩書き等の属性に関して、事実、判断、評価を表す全ての情報であり、評価情報、公刊物等によって公にされている情報や、映像、音声も含まれ、暗号化されているかどうかを問わない。 なお、死者に関する情報が、同時に、遺族等の生存する個人に関する情報である場合には、当該生存する個人に関する情報となる。 また、「生存する個人」は日本国民に限られず、外国人も含まれるが、法人その他の団体は「個人」に該当しないため、法人などの団体に関する情報は含まれない。 (2) 個人情報データベース 特定の個人情報をコンピュータを用いて検索することができるように体系的に構成した、個人情報を含む情報の集合物、又はコンピュータを用いていない場合であっても、ファイルやカルテ、お客様台帳など個人情報を一定の規則(例えば、五十音順、生年月日順、作成日順等)に従って整理・分類し、他人によっても容易に検索可能な状態においているものをいう。 (3) 個人データ 当社が管理する「個人情報データベース等」を構成する個人情報をいう。 (4) 保有個人データ 当社が、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の全てを行うことができる権限を有する「個人データ」をいう。ただし、以下に該当するものは除く。 ⅰ.当該個人データの存否が明らかになることにより、本人又は第三者の生命、身体又は財産に危害が及ぶおそれがあるもの。 ⅱ.当該個人データの存否が明らかになることにより、違法又は不法な行為を助長し、又は誘発するおそれのあるもの。 ⅲ.当該個人データの存否が明らかになることにより、国の安全が害されるおそれ、他国もしくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれ又は他国もしくは国際機関との交渉上不利益を被るおそれのあるもの。 ⅳ.当該個人データの存否が明らかになることにより、犯罪の予防、鎮圧又は捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障が及ぶおそれがあるもの。 ⅴ.6ヶ月以内に消去する(更新することは除く)こととなるもの。 (5) 本人 個人情報によって識別される特定の個人をいう。