ホーム > TOTALランキング情報 > サラリーマンや主婦のお小遣い平均

サラリーマンや主婦のお小遣い平均

 

サラリーマンや主婦のお小遣い平均


サラリーマンのお小遣い平均小遣いは40,600円
年代や性別・仕事や家庭環境 2010年お小遣い平均 2009年お小遣い平均
20代サラリーマン 44,500円
45,600円
30代サラリーマン 40,100円 47,300円
40代サラリーマン 38,500円 43,200円
50代サラリーマン 39,400円 46,200円
未婚 54,600円 55,700円
既婚 32,900円 39,700円
専業主婦 30,900円 38,200円
共働き 34,900円 41,000円
子どもあり 32,100円 36,900円
子どもなし 47,600円 54,100円
首都圏 51,800円 50,600円
関西圏 36,700円 46,000円
東海圏 37,300円 39,900円

サラリーマンのお小遣いの使い道は?

1位は「昼食代」、2位は「趣味の費用」、3位は「飲み代」です。このほかにも「携帯電話や通信費」も増加傾向にあるようです。特に20代では「昼食代」の次に、欠かせない費用の中にこの「携帯電話や通信費」が入っているようです。現代の社会には携帯電話などの通信機器は必要不可欠になっているのがわかります。

家計はだれが握っているの?

20代では「ご主人」が家計を握っているが6割、「妻やパートナー」は3割となっていますが、年齢が上がっていくにつれて逆転傾向にあり、50代では「ご主人」4割強、「妻やパートナー」5割となっているようです。さらに「子供あり」の家庭では「妻やパートナー」が家計を握っているのが5割強となり、結婚後は妻が家計をやりくりしているパターンは昔からあまり変わっていないようです。

サラリーマンのお小遣い使い道?



1位の昼食代で昼食代は2001年、「710円」だったのが年々低下傾向にあり、2007年には600円を下回る「590円」。さらに2010年には「500円」となりました。年齢別にみると20代は「540円」でしたが、30代、40代では「480円」、「470円」と500円を切っています。お小遣いの減少とともに、切り詰めるのは昼食代のようです。それとともにお弁当を持参して、さらにお小遣いをやりくりしているサラリーマンも増えています。店頭でも500円を切るお弁当が増えているのも、サラリーマンのお小遣いを気遣っているのでしょうか。

キーワード